忍者ブログ
「いけね、コロッケ踏んじゃった。」
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新したいんだけどなぁ。
「たんぽぽ城」とか。
PR







四条天皇


という天皇がいたんだ。
天皇というより少年。
なにせ即位した時が2歳だったし。
その頃は病弱なお父さん(後堀川天皇)もまだ生きてて、
御堀川上皇として、実質はお父さんが取り仕切っていたんだ。
院政っていうんだけどね。


難しいから、系図置いとく。
クリックでちょっと拡大。
四条天皇関連系図


時は鎌倉幕府が出来て間もない頃。

安徳天皇が平家と一緒に壇ノ浦に沈んで、
後鳥羽天皇が即位してなんだか権力盛り返して、
後鳥羽系の天皇を擁した後鳥羽上皇方と、
出来てまだ間もない、不安定な各勢力寄り合い所帯の鎌倉幕府とが
喧嘩になって(承久の乱)、
負けた側の首謀者・後鳥羽系列の天皇一族が一斉処分されちゃうんだ。


四条天皇のおじいさんというのが、守貞親王っていうんだけど、
兄の安徳天皇が死んだ後、
なぜだか自分は順番飛ばされて、
実弟の後鳥羽に天皇の位が行っちゃって、
そんな自分の境遇にガッカリして、出家しちゃってたんだ。
なんでそんなことになったのかはわからないんだけど。

ところが、承久の乱のせいで鎌倉幕府が、
「後鳥羽系の天皇は全部追放した。
次から後鳥羽系列の天皇は認めない!」
と言い出して、
後鳥羽系列の皇子は全部資格ナシになって、
じゃ守貞親王にチャンス到来!と思いきや、
もう出家してるから資格ナシ!ガッカリ!

じゃ他の適格者は?って探したら、
守貞親王の子供しかいなかったんだ。
当時まだ10歳。
でもしょうがないから即位させて後掘川天皇になった。
これがのちの、四条天皇のお父さんね。
でも10歳じゃ頼りないし、
当時は天皇の上に上皇がいて「院政」をやるのが慣例というか、
それでやっと安定体制だね、というところがあったから、
天皇のお父さん、
つまり守貞親王(でも出家済なので天皇にはなれなかった)を急遽、
「上皇」ということにして院政がスタートしたんだ。
「出家してるから天皇にはなれないけれど、
上皇にはそんなルールは聞いたことねぇよ!」
というみんな暗黙のなぁなぁで。

形式上は10歳の息子天皇が、親王の父親に「上皇号をあげた」形。


この守貞入道親王改め、高倉上皇は頑張ったんだ。
関係悪化してた鎌倉幕府と京都朝廷界とを、
どうにか仲直りさせることに一生懸命になって、
でも二年ぐらいしたら死んじゃったんだ。40歳ちょっと。



後堀川天皇、つまり四条天皇のお父さんは、病弱だったんだ。
10歳で即位して、2年後にじーちゃんが死んで、それから天皇だったんだ。
でも早く院政にして安定させたいし、そもそも病弱だったから、
19歳の時に生まれた四条天皇にさっさと位を譲って、
自分は上皇になったんだ。
後堀川上皇21歳。四条天皇はまだ2歳。

で、それから2年ぐらいして、
御堀川天皇(上皇)はあっさり死んじゃった。
享年23歳ぐらい。
ちょ・・・
で、でも病弱だったし。

しかし、さすがに早死に過ぎるから
「怨霊か!?さては怨霊の仕業!?やっぱ怨霊かな!?」
と言われたりしたけれど、
そもそも病弱だったし。



というわけで孤児になっちゃった四条天皇には、他の男兄弟はいなかったんだ。
政務は母方のじいちゃん(九条道家)とかがなんとかしてくれてたんだけど、
結局、”非・後鳥羽系の皇位の継承”が、
四条天皇一人の運命にかかることになっちゃって、
これはかなりピンチな状況。
早く健康に大きくなって、結婚もして、次の代と育てなきゃ。

なんだか不思議な「彗星に祟られ」て寝込んだりもしたけれど、
でもどうにか12歳まで成長したんだ。


・・・12歳っていったらさー、
天皇とはいっても少年真っ盛りじゃん?
だからいろいろやってみたいじゃん?
四条天皇くんは宮廷の人を驚かせようと思って、
御所の廊下に、滑る石で細工をしたんだ。
そこを歩いてくる人が滑って転んであっはっはっ、という悪戯だったんだ。



四条天皇はその仕掛けを自らチェック中、誤って転倒。


ほぼ即死したと伝わる。享年12歳。
死因は脳挫傷と推定される。





非・後鳥羽上皇系の血脈、これにて断絶。







~その後~

これにより朝廷や鎌倉幕府は大混乱となり、天皇がいない状態が11日間続いた。
( ※・一瞬でも「天皇空位」という状況は、過去450年以上なかったこと。 )
鎌倉幕府はいやいやながらも他に選択肢もなく、
少しでも鎌倉に縁がある、
でも天敵の後鳥羽の孫に当たる後嵯峨天皇が即位することになった。
他にロクな選択肢がなかったから・・・。

後嵯峨天皇は即位前、ものすごく貧乏していて、
20歳にもなるのに元服もできず、
かといって出家も出来ずにいたところだった。

後鳥羽の息子である父天皇も流されて、
母方の貴族の家にいたけれどそこも落ちぶれてて、
幕府への反逆者=後鳥羽の孫の自分には、
永遠に彼には皇位は回ってこない予定だったし。

このスリップ事故は彼にだけは、本当にラッキーだった。



~おまけ~

実は四条天皇より不幸かもしれない人がいる。
系図右下の「仲恭天皇」。
この天皇は、
1218年、生まれる。
1221年4月、三歳で、じーさんたちの承久の乱準備のために即位。
7月、承久の乱失敗。廃位。摂政だった九条道家の家に預けられる。
1234年、死亡。享年17歳。
長らく即位したと認められず、歴史の穴扱いだった。
現在は即位したことになっているけれど、
日本史上、天皇在位最短記録保持者(三ヶ月)。




こけしが売れたぞー。


なんのこと?という人、前回の記事はこちら






「ふるさと創生」の純金・純銀こけし、時価以上で売却

青森県黒石市が竹下内閣の「ふるさと創生事業」の1億円で作った
純金こけし(時価約1億7000万円)を売却する一般競争入札が30日行われ、
純銀こけし(時価約160万円)とセットで
仙台市の健康食品販売会社「ジャパンヘルスサミット」(島川隆哉社長)が落札した。

落札価格は公表されていないが、最低売却価格の1億9000万円を上回った。 

11月30日13時1分配信 読売新聞



別の新聞サイトは「2億で売れた」と報道している。


前日ここでちらりと書いたのですが、
その時のエントリはこちら)早々に売れたみたいです。
それも当初の一億、
金属価値だけの現在時価の一億七千万を軽く超える二億!。


え…あれ?こないだ一億五千万だったはず?
金価格上昇したのか?

確かこれ、著名なこけし作家の作品がモデルなので、
その芸術性が加味された…わけはないか。




一応地元でも、「一口オーナー募集」とかやってたんですよ。

「純金こけしオーナーズクラブ」

鋳潰した金でも1億五~七千万の価値があるのでえっと、
嫌でも1億と考えても…一口一万円で…一万人かぁ。
まぁうん…どうにかならない気がしないでも…うん…。

ま、集まらなかったのですけれど。

集まらなかったら、今回の売却へと話が進んだのですけれど。

ちなみにこのオーナーズクラブが成功していた場合の
クラブ員特典といたしましては

純金こけしオーナー特典
  1. 純金こけしオーナーズクラブ会員カードを発行します。
  2. 会員カードは、津軽こけし館入場フリーパスカードになります。
  3. 弘南バス・昼行高速バス「青森上野号」10%割引。
  4. 青荷温泉宿泊10%割引。
  5. 1年に1回、抽選で青荷温泉旅館無料宿泊券が10組20名様に当たります。
  6. 津軽伝承工芸館ならびに津軽こけし館の売店、レストラン、工房の商品を10%割引でご購入できます。
  7. (仮)企業の協賛により、抽選により 津軽ロマン、津軽りんご、りんごジュースなど、 年1回、抽選により黒石の特産品、加工食品が届きます。
  8. 黒石市内の加盟店の商品を割引価格でご購入できます。
  9. メールにより黒石の四季の情報を配信します。 (→黒石ねぷた、黒石よされ、紅葉など観光や商品情報など)
  10. 今後、黒石温泉郷をはじめ黒石市内加盟店など特典を随時追加予定。

う、うーん。全員にもれなく貰えるものは会員証だけかぁ。
自分のように津軽黒石が割と好きな人ならともかく、
あんまりうーん。
3年ぐらい黒石に通ったら、なんか得したような気がするかな。

というかメール観光配信は、普通に無料でやれよ黒石市。


「実は売る気ないのか黒石市」というぐらいの
無理めなオークションスタート価格設定(一億九千万スタート)だったので、
売れるとはびっくりした。

寂しい気もするかもしれないけれど、
何度も言うように金利とか考えれば、終わってみれば大成功だったと思う。
よそのふるさと創生事業のグダグダっぷりを考えれば、

黒石はこの運のよさ、ラッキーをもっと自慢していい。
民話にして語り継げ。



「昔、黒石にはな、金のこけし、てのがあったんだよ。
都からお金を貰ったけれど、どうしていいかわからなかったので
固めてこけしをこさえておいたんじゃ。
それが財政難の頃にな…」




カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者検索

shinobi ブログ内検索
忍者AD
忍者貯蓄
忍者解析






QR
シムエントリ
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © 歴史のバカ。 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]